サーフィンをする形にこだわれる

ウィンドサーフィン

何といっても、水温の高い夏に人気を集めるのがサーフィンスクールです。シーレジャーを目的に訪れる先で、受け付けを済ませ、その日のうちに参加することも可能です。夏のイメージにあるマリンスポーツのニーズを的確に捉えるなど、サーフィンスクールの対応力が評価されています。インストラクターが指導にあたり、コツさえ掴めば、パドリングやライディングで波乗りがすぐに楽しめるようです。また、観光がてらに参加する観光客も少なくありませんが、なかなか波に乗ることができるまで滞在できない場合もあるようです。サーフィンスクールでは、テイクオフができるまでにみっちり練習が必要となるボードでなく、比較的テイクオフしやすいロングボードでの楽しさを指導してくれます。そのため、「サーフィンにチャレンジできた」などの達成感が得られるために、観光客または初心者から人気を集めています。

対象年齢を引き下げた形

サーフィン

サーフィンスクールと一口にいっても、全くの初心者歓迎の体験スクールと、セミ・プロから指導を受けてプロサーファーを目指すレベルというように、大まかに分2つにけることができます。もちろん、サーフィンスクールに対象年齢は設けられていませんが、多くの場合にはシーレジャーができる年齢である、小学4年生から70歳までの幅で開講しているようです。また、観光ついでに家族揃って楽しみたいのならば、ボディボードコースを設けているところが適しているでしょう。というのは、足ひれをつけ、腹ばいになる波乗り用となるのがボディボードなのです。バランスも取りやすく、遊泳エリアで遊ぶことに特化しています。ですから、対象年齢もグッと引き下げるサーフィンスクールも比較的多くあり、小学1年生からという内容で楽しむことが可能です。もちろん、ライフジャケット装備、救急訓練を受けたインストラクターが携わりますから安心です。

気になる基本的な開講条件

サーファー

波に乗れるエリアであれば、その周辺環境には必ずサーフィンスクールが開講されています。サーフィンスクールでは、卓上で教科書を開くよりも、砂浜でボードの基本姿勢の練習などを行う技術面での体験や学びの方が圧倒的に多いようです。自分のレベルに合ったポイントをリサーチすることが重要ですが、初心者であればインストラクターがサーフポイントを確認してくれます。例えば、初心者には波が穏やかなエリアであっても、厚い波が安定して立つサーフスポットを選んでくれます。県北から県南まで、毎年3月から11月頃の気候や水温に合わせた開講というところもあります。また、「夜間スクールはあるのか」という質問も多いようですが、波乗り施設の営業時間によって異なります。しかし、夜の海での波乗りは危険なために、行っていないことの方が圧倒的に多いのが現状です。

広告募集中